空手の基本技についての解説。なぜ、基本が大切か。

・基本の動きから体の使い方を覚える。

組手や実戦の場面に於いては、瞬時に相手と自分とが置かれている状況が変化します。その状況下で、相手を一撃で倒すためには、最小限で無駄のない動きから最大限の力を発揮する必要性があります。相手を倒すためには“相手の呼吸を計ること”と、相手に技を当てる“角度”が大事になります。 そのエッセンスを掴むために、肩の力を抜いた状態から技を当てる瞬間の一瞬の力の入れ方と力の生み出し方のポイントを覚えるのが基本稽古です。

・移動稽古で動きの中で技を出す呼吸を覚える。

その為には、三戦立ちでスタンスを作り、足首を柔軟に使い、引き手と突き手のタイミング、呼吸の合わせ方が身につくまで、ポイントを確認しながら反復稽古することが重要です。 組手や実戦の場面では相手との距離(間合い)は状況に応じて変化していきます。 攻撃の間合いに移る際、歩いて近づいていては逆に技を受けてしまいます。 瞬時に相手の懐に飛び込んで攻撃を仕掛けなければなりません。そこで前屈立ちによる稽古を行います。

・相手の間合いに入りタメを作る。

そもそも“突き”は腕力や上半身のみで行っては単なる“手打ち(力が入っていない状態)” となってしまいます。力強い“突き”を出すには・・・突く前に後ろ足と腰にタメを作り、” 踏み込みによって生じた力”を“突き”に伝えることが必要です。

・後ろ足のタメを使って突く。

その為には、下半身と上半身のタイミング、そして重心移動をしっかりと意識した稽古をしなくてはなりません。

・崩した後に前蹴り。

左の写真では、相手の構えを崩し前蹴りを決めています。自分から先手を取り前に出る組手のパターンです。 型の稽古を行うことにより、その動きの変化に“自分の重心”と“呼吸”を、合わせることが出来るようにする必要があります。

三浦道場では、本当の強さとは何かを考えて指導しています。

このように国際空手道 三浦道場では“いきなり組手の構えから”ではなく、基本稽古が組手に繋がる様に指導を行っています。ここで紹介した技は、稽古の初期段階で学ぶことができますが、より高度な技、そしてそれを有効に使うための状況の作り方、そして何より、武道を通しての精神的な強さと礼儀作法の大切さを学ぶ場所でありたいと思っています。ご興味がありましたら、お気軽に見学をお申し込みください。